令和元年度 星野哲郎記念館企画展   
「十人十色(じゅうにんといろ)〜歌い継がれる星野哲郎作品」を開催中です。

【期間】令和元年(2019年)7月18日(木)〜令和2年(2020年)2月25日(火)

オリジナルとは異なる歌手によってカバーされた星野作品を紹介する企画展です。
それぞれの個性豊かな歌手に作品をカバーした意図を尋ね、新しく拓かれた星野作品の魅力を示します。各歌手から寄せられた貴重な肉声をそれぞれのパネルに編集し、カバー作品を試聴できるコーナーも設けました。
併せて星野にちなんだ地元の方々の活動も紹介いたします。
また今回の開催に向けて「星野歌酒場」(カラオケルーム)の展示物をリニューアルいたしました。
皆様、どうぞご来場ください。

【関連するイベント】
企画展の開催期間中、カラオケルームで星野の作品を歌って94点以上を記録したご来館者様に記念品を進呈いたします。また同イベントは、周防大島で開催されている『ふるさとオーディション』の予選でも実施されます。

【ダウンロード】
企画展フライヤー(pdfファイル)









■2019.5.8
「王将」「みだれ髪」「矢切の渡し」などの国民的ヒット曲を手掛け、歌謡曲の作曲家としては初めて文化勲章を受章した船村徹さんの業績を偲ぶ企画展を開催し、期間中は船村さんとの代表的なコンビ作品を紹介し、創作のエピソードやゆかりのある歌手から船村さんに宛てた手紙と合わせて、魅力のあるその風格に迫りました。
また2018年10月22日に発生した大島大橋衝突事故により、約40日間にも渡って断水と橋の通行規制に苛まれた周防大島は、観光振興がままならない状態で記念館への来館者数も激減しましたが、大島大橋のライフラインも復旧し、事故前の周防大島と変わらぬ活況に戻った後には、一部展示資料も改めて企画展を期間延長して開催いたしました。

新着情報一覧